top > 甲信越 > 長野県 > 小渋温泉
長野県 小渋温泉宿泊施設
小渋の湯の発見の歴史は南北朝時代までさかのぼります。興国の頃、南朝の宗良親王(後醍醐天皇第八皇子)の家臣渋谷三郎という人が大鹿村に湯治場を求めて入村した際、一匹の鹿がこの湯に浸りながら傷を癒していました。そこで自分の傷にこの湯をひたしたところ、傷が治癒した事に始まる、と伝えられています。・・・ さらに詳しく
赤石荘
宿種 : 旅館
住所 : 長野県下伊那郡大鹿村大河原4869-2
特徴 :  標高が高い 
長野県温泉地一覧